トピックス

インターハイ東京都予選 決勝トーナメント進出!

5月20日(日)に都立葛飾野高校に3−0で勝利した駒大高校は、1次予選トーナメント決勝まで駒を進めました。

決勝の相手は「東海大菅生高校」。関東大会でもベスト8に進出している手強い相手です。


グランドは、清瀬内山に新設された「Cグランド」(元は土のグランドでした)
スタンドも作られ、素晴らしいピッチが出来上がっていました。


10:00のキックオフに合わせて2時間前に集合した駒大高校は、中々よい雰囲気でゲームに入ることができました。




キックオフしてからは、一進一退の攻防が続いていましたが、前半11分にあっさりと先制をゆるしてしまいます。


こちらにもチャンスは何度もめぐってきていましたので、そのチャンスをものに出来るかがカギとなります。

 


 
今日も強いキャプテンシーでチームを鼓舞する「東」



 

 
本日初スタメンの「杉山」は得意のドリブルで何度も仕掛けていきました。



 

そして、前半15分。
大川のシュートしたボールが飯泉の前にこぼれ、これを押し込んで同点とします。


 
ゴールに歓喜するチームメイト!



結局、前半は1−1で終了します。

ハーフタイムでは、まだまだ行けるという監督の指示。

選手たちも何とかしたいという気持ちが伝わってきます。



そして、後半20分。
中央をドリブルで駆け上がった「桑原」が、思い切って振り抜いた左足から追加点が生まれます!

2戦連発のゴール!

 

その後も何度か惜しいシーンが続きますが、追加点には結びつきません・・・。

そして、それは菅生にも同じ事で、両者ギリギリのところでゴールを割らせないというシーンが続きます。


試合も残りわずかとなってきた時には、菅生もパワープレーに出てきます。


最後の最後まで何とかしのぎ切ったという感じでしたが、2−1で勝つ事が出来ました。


これで、決勝トーナメント進出が決まりました!



次の戦いはグループFを勝ち上がってきた「国士舘高校」
國學院久我山をやぶってきた勢いもあります。
しかも、4月のリーグ戦ではひどい負け方をした相手です。

とても厳しい試合になると思いますが、こんなに早くリベンジのチャンスを与えてくれたことに感謝したいと思います。


決戦は2週間空いて6月10日(日)となります。

しっかり調整して、何としてでも勝ちに行きたいと思います。


いつもの暖かく熱い応援に感謝すると同時に、更なる応援を宜しくお願いいたします!!!
 

twitter

セレクション・体験会のご案内

受験生の皆さまへ
2020.4.13更新
2020年度「部活動案内」が
ダウンロードできます。
以下のページよりご確認下さい
セレクション・体験会情報はこちらから

OB・OG会情報

令和元年度 OBOG会 総会
2020.2.1(土) 14:00より

母校 駒澤大学高等学校にて
今年度の総会と初蹴りを行います!
皆様のご参加をお待ちしております!

詳細は写真をクリック

OBOG会に関する問い合わせはこちら
komafoot.obog@gmail.com
(出欠もこちらからどうぞ)

試合予定

試合予定・結果
2020.1.8 更新

2019シーズン
ご声援ありがとうございました

----------------------------------------
高体連主催大会
----------------------------------------
高円宮杯 JFA U-18
サッカーリーグ東京

----------------------------------------

東京都第6地区リーグU-18

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る

関東大会都大会 優勝賞状